歯科コラム

オールオン4治療後の食事の注意!硬いものはいつから食べてよい?

2018年08月17日 (金)
オールオン4による補綴治療は、総入れ歯と比較してさまざまなメリットが存在していますが、気になるのは治療後の食事についてですよね。毎日の食事において自由気ままに食べ物を食べられないということは非常にストレスとなるでしょう。オールオン4後は、硬いものを食べても問題ないのでしょうか。また、食べられるのであれば、いつからOKなのでしょうか。インプラントを埋め込む手術を行うだけあって、処置を行ったあとに口に入れて良い食べものなどは気になるところです。ここでは、そんなオールオン4治療後の食事の注意点について詳しく解説します。

コラム全文を読む

一般歯科とはどう違う?インプラント専門医ならインプラント治療も安心!

2018年08月10日 (金)
インプラントは、歯科治療の中でも特殊な分野に領域分けされるため、歯医者であれば誰でも一定水準以上の治療が行えるというものでもありません。それだけに、知識や実績が豊富な歯医者に治療をお願いしたいところですよね。そこで、目安となるのがインプラントの専門医や認定医といった資格です。そもそも一般歯科とインプラント専門医、認定医や指導医の違いは何でしょうか。ここでは、そんな専門医の制度について、一般歯科との違いを挙げながら詳しく解説します。

コラム全文を読む

総入れ歯よりオールオン4がおすすめ?メリットは?

2018年08月3日 (金)
歯をすべて失った場合、従来の治療法では総入れ歯となるのが一般的でした。総入れ歯であれば保険が適用されますし、治療法も比較的シンプルです。ただ、総入れ歯にはたくさんのデメリットもあるため、必ずしも最良の治療法とはいえません。そこで、おすすめなのがオールオン4です。ここでは、インプラント治療の一種であるオールオン4について、そのメリットや総入れ歯との違いなどに触れながら詳しく解説します。

コラム全文を読む

インプラント治療には2つの方法があります

2018年07月31日 (火)
インプラント治療には「1回法」と「2回法」の2種類の治療法があります。これは手術の回数による違いで、1本のインプラントを入れるのに、1回の手術で済む場合と、2回必要な場合があるのです。
これだけ聞くと「手術回数が少ない1回法のほうがいいに決まっている」と思われるかもしれませんが、2回法でしかインプラントを入れることができない患者さんもいるのです。また1回法は感染リスクが高まるというデメリットもあります。
1回法と2回法の治療の流れと、それぞれのメリットとデメリットを紹介します。

コラム全文を読む

オールオン4ができる条件とは?歯が数本残っていても施術は可能?

2018年07月24日 (火)
オールオン4は、わずか4本のインプラントを顎の骨に埋めるだけで12本の歯(人工歯)を再生できる画期的な治療法です。
一般的なインプラント治療ですと、12本の人工歯を入れるには12本のインプラントを埋め込まなければならず、治療の手間も治療費も患者さんの負担も増えてしまいます。

しかしオールオン4の治療を受けるには、いくつかの条件をクリアする必要があります。
それは上の歯、または下の歯に1本でも天然の歯が残っている場合、それを抜かなければならないことです。オールオン4は上の歯、または下の歯がすべてない患者さん向けの治療法なのです。

よって、歯が数本残っている方がオールオン4を入れる場合、残りの歯を抜く必要があります。天然の歯をわざわざ抜いてまでオールオン4を入れるメリットは、どのようなものなのでしょうか。

コラム全文を読む

もし歯を失ったらどうする?インプラントがおすすめの理由とは

2018年07月17日 (火)
虫歯や歯周病が悪化して歯を抜いたり、大きな衝撃が加わって歯が崩壊したりすると、人工の歯を入れることになります。歯の大部分を失うと、もう詰め物や被せ物では対処できないからです。
人工歯を使った治療にはいくつか種類がありますが、多くの歯医者はインプラントをおすすめするでしょう。
それには理由があります。人工歯治療には部分入れ歯やブリッジといった方法もありますが、インプラントには及ばないからです。
インプラントは医療保険の適用外となるため治療費がかさみますが、もしその点をクリアできるのであれば、前向きに検討してみてはいかがでしょうか。

今回は、
●部分入れ歯とブリッジのデメリット
●インプラントがなぜ部分入れ歯とブリッジのデメリットを克服できるのか
●インプラントのデメリット
の3項目についてみていきます。

コラム全文を読む

歯が抜けたままにしておくリスクを知ろう

2018年07月10日 (火)
「歯が2~3本抜けても支障はない」そう思っている方はいないでしょうか。
「実際、3本の歯が抜けたままだけどまったく困っていない」そう感じている方はいないでしょうか。
その考え方はとても危険です。歯が1本でも抜けると大きな支障が生じます。

歯の悪化は「ドミノ倒し」のように進行します。歯が1本なくなると別の健康な歯に不具合が生じ、その不具合がまた別の歯を損傷するのです。
歯が1本でも抜けたら抜けたままにせず歯科クリニックに行き歯医者の治療を受けてください。

コラム全文を読む

入れ歯の口臭にお悩みならオールオン4をお試しください

2018年07月3日 (火)
入れ歯を入れている方の多くは、口臭に悩んでいることでしょう。自分でも毎日入れ歯を清掃しながら「なんか臭うな」と感じているところに、身近な人から「口臭がひどい」と言われてショックを受ける、といったことは入れ歯を使っている人なら1度や2度は経験しているはずです。

そこで今回は、
●そもそも口臭とは
●入れ歯独特の口臭とは
●入れ歯の口臭を根本的に解決する方法とは
について解説していきます。

先に答えを紹介してしまうと、入れ歯口臭対策としては「オールオン4」というインプラント治療の一種がおすすめです。

コラム全文を読む

インプラントと天然歯の使い心地にはどれくらいの違いがある?

2018年06月30日 (土)
インプラント治療を行った人を対象にしたアンケート調査によると、インプラントを入れた後は、「思った以上に違和感がない」78パーセント、「思った以上に噛み心地がよい」69パーセントという回答がえられました。インプラントは入れ歯などと違って、しっかりと固定されるためぐらつくことがなく、 実際に治療を受けた人も天然の歯に近い噛み心地を感じているようです。見た目も天然の歯とほとんど変わらない仕上がりになるインプラントですが、人工の歯であることには変わりませんね。では、その違いとは一体どのようなことなのでしょうか。

コラム全文を読む

インプラントのお手入れに向いている歯ブラシの選び方

2018年06月23日 (土)
歯ブラシを買い換えようと思って薬局やスーパーへ行ってみると…思いのほか種類が多くて迷ってしまうことはありませんか?ヘッドの大きさや硬さ、毛先の形や角度に至るまで、本当にたくさんの種類がありますよね。自分の好みや口内の状態にあわせて選んでいる方が多いと思いますが、インプラント治療後の場合はどのような歯ブラシが良いと思いますか?何となく、柔らかい歯ブラシで優しく磨いた方がいいのかな?市販のものでいいの?など、正解がよくわからないかもしれません。
そこで今回は、インプラントのお手入れに向いている歯ブラシの選び方についてお話しいたします。

コラム全文を読む

1 / 512345