インプラント

inplant

日本で500名しかいない専門医が対応します

日本で約500名しかいない日本口腔インプラント学会専門医が対応するインプラントには絶対の自信とノウハウがあります。 この自信とノウハウとともに安心のカウンセリングで患者様にご納得いただけるインプラントをご提供いたします。

当医院はインプラント治療を始めて25年が経過し、
症例数は2500本を超えました

年間症例300本以上、臨床経験20年以上、日本口腔インプラント学会専門医がオペにあたりますのでご安心下さい

インプラントについて

インプラントは人工歯根とも呼ばれ、天然歯に近い構造を持ち、口の中の機能回復と審美性を追求した新しい歯科治療です。 インプラントは、チタンで出来ており、あごの骨に埋め込み、固定されるのを待ちます。 骨と固定されたら、これを土台とし、上部の歯の部分を作って被せれば完成です。 その歴史は古く50年以上も前に偶然にチタンが骨とくっつく性質が発見され、それが歯科治療に応用されるようになりました。 インプラントは、1本から入れることができ、残った歯にダメージを与えず、天然歯と同様の噛み心地が得られるのが大きな利点です。 しかし、天然歯と同じように手入れをしていかないと歯周病になる可能性もあります。インプラントを埋めるにはオペが必要だったり、治療には最低でも6か月必要な点もデメリットもございます。当院では、他の治療方法の長短所を十分に説明し、患者様に治療法を選択して頂いております。

インプラントの特徴
  • 他の歯を守る
  • 他の治療法では実現できない天然歯に近い噛み心地
  • 見た目の自然さ
インプラント治療の流れ
インプラント埋め込み

1,骨を削り、インプラントを埋め込みます(1次オペ 1時間程度)

インプラントアバットメント装着

2,インプラントが骨と結合するのを待ち(約6~24週間)土台をつけます(2次オペ 30分程度)

インプラント上部構造装着

3,土台に歯を被せます

他の治療法との比較
インプラント 義歯 ブリッジ
インプラント 義歯 ブリッジ
メリット メリット メリット
自分の歯に近い構造で、自分の歯と同じように噛むことができ、見た目もきれいです。 口の中で型を採る程度の比較的簡単な治療で済みます。 自分の歯と同じように噛むことが出来、違和感がありません。
デメリット デメリット デメリット
インプラントを埋め込むための手術が必要です。保険適用できないため費用がかかります。 硬い食べ物や粘り気のある食べ物では苦労することがあり異物感を感じる人もいます。 ブリッジを固定するため、両隣の歯を削る必要があります。

骨の再製治療について

歯は歯槽骨という顎の骨に植わっています。歯周病などにより、歯槽骨が吸収されているとインプラントを埋めることは困難です。しかし、骨を再生する治療を行えば、失った骨が再生されインプラント治療を受けることが可能になります。

初回矯正無料相談実施中

「歯並びがずっとコンプレックスだった」
「矯正をしたいけど、矯正をしていることを周りの人に知られたくない」
ずっと気になってたこと相談してみませんか?

まずはお気軽にお電話を (10:00~19:00)

0120-68-2222

メトロ丸ノ内線、日比谷線銀座駅
東京都中央区銀座5-7-6 銀座大黒屋ビル3F

TO TOP